女の人

健康なカラダへの近道は内臓脂肪を落とすことだった

体の中からダイエット

飲料

ゆっくりと健康的に

青汁を飲んで痩せるには、時間が必要です。しかし、不健康に痩せるのではなく、体内環境を改善しながらゆっくりと健康的に痩せることができるので、単に体重だけを落とすのではなくトータルで健康的になりたい人には向いています。痩せる効果が実感できるまでそれなりの期間は見込まないといけないと思います。ですから青汁を長く続けられるようにするには、味やコスト、原材料の安全性(生産地など)を吟味した上で選ぶことが大切になってきます。味については、以前はケールを主とした苦味のあるものが多かったのですが、さいきんは明日葉や大麦若葉を主とした飲みやすい青汁がとても多くなりました。明日葉も大麦若葉もダイエット効果があるので、痩せるために青汁を飲むのであればこれらが原材料になっている青汁を選ぶと良いでしょう。

味の工夫とタイミング

以前は冷凍タイプのものが主流で、飲むまでにどうしても解凍という一手間がかかってしまっていました。最近は粉末タイプのものが非常に増え、飲む前の手間はかからなくなっています。長期間毎日続けるものですし、選ぶ青汁によってはどうしても味が好みではないということもあるでしょう。飲みやすくすれば毎日続けることもより容易になると思います。具体的には、粉末タイプのものをお湯や水に入れて飲むのではなく、牛乳や野菜ジュースなど他の飲み物と混ぜたり、ハチミツなどで甘みを加えたりする方法があります。混ぜるものに含まれる栄養素も摂取できるので一石二鳥です。なお、飲むタイミングについてですが、痩せる目的で青汁を用いる場合は、食前に飲むことをお勧めします。青汁は豊富に野菜が含まれているため、同時に食物繊維も多く含まれているということになります。この食物繊維が食べ過ぎを抑制し、また食前に飲むことにより糖の吸収が緩やかになりますので、結果として太りづらくなるからです。